隠れ肥満は生活習慣病のリスクも!?

肥満の男性がこの頃は目立ちますが、30歳を過ぎると隠れ肥満の可能性も出てくるといいます。隠れ肥満とは内臓脂肪型肥満と言われる肥満で男性に多いといいます。

隠れ肥満になる男性は多いですが、逆に言えば、隠れ肥満を未然予防することによって、メタボリックシンドロームになると多いという生活習慣病の対策ができます。

肥満の区別は、外見や体重で識別できると思われがちですが、実際には、見た目だけでは肥満かどうかわからないという人もいます。見た目では大きく見えていても、骨太体型のせいだったり、筋肉がついているためだったりもします。

体内に多くの肥満が蓄積されている状態が肥満であり、体脂肪率が一定の数値をオーバーすることによって肥満になります。内臓脂肪がより多いほうが内臓脂肪型肥満、皮下脂肪がより多い方が皮下脂肪型肥満になります。

内臓脂肪型肥満は蓄積された脂肪が血管に入りこみやすく、生活習慣病につながりやすいので要注意です。肥満から生活習慣病になりやすいのは、内臓脂肪型肥満の傾向がある中高年の男性であるといいます。

より多くの内臓脂肪を蓄積するようになると、傍目からでもお腹が大きく見えますが、そうは見えない時から内臓脂肪型肥満にはなっています。隠れ肥満では、内臓脂肪が体にたくさんついていても、それとは気づけない体型のことです。

隠れ肥満は、本人にも自覚がないままに生活習慣病のリスクが高まっていることもあります。若い男性の間で、隠れ肥満が多くいると言われています。