コレステロール値を下げる食材を選ぶ

コレステロールは、日々の食事によって変化します。一般的な知識として、血中コレステロールが多くなりすぎると、病気へのリスクが上昇します。その為、コレステロール値を下げる食事や運動法などに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

コレステロールを低く抑えることができる食事としては、キノコ、青魚、野菜、海草類、フルーツなどがあります。食事の材料を選ぶ時には、こういった食材を使っていくことが、コレステロールにはいいようです。

和食は、コレステロールを抑えることができるといいます。ごはん、サバの味噌煮、冷ややっこ、野菜の煮物、味噌汁、果物といったメニューはコレステロール値が高めの人にはぴったりです。

いきなり血糖値が上がらないように、白いご飯よりは雑穀米の方が適しているといいます。よほどの和食好きでなければ、時々は和食でないメニューのほうがいいと思うのではないでしょうか。

洋食は、脂質が多くなりがちですが、コレステロール面を考えた洋風の食事をつくることは不可能ではありません。例えば、肉類でも揚げたり、焼いたりせず、蒸したり煮たりする事で血糖値を上げにくいメニューになります。

コンソメ味、白ワインなどを利用しながら、アサリや高野豆腐の洋風料理にすることで、和食とはまた違った味が楽しめることでしょう。コレステロール優先でメニューを考えてばかりでは、食事がおいしく感じられなくなるでしょう。

2週間や1カ月おきくらいに、コレステロールのためでなく、好物を中心に据えた献立にして食事を楽しみましょう。インターネットなどでも、コレステロールを下げる食事レシピが紹介されていますので、活用してみましょう。