毎日の食事を工夫する

生活習慣病にならないために、食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。

コレステロールの値を下げるために、まずは朝食を和食にしましょう。朝ご飯を洋食にすると、ベーコンやバター、卵など、コレステロール値の高いものが多く登場します。

ハムは脂肪が少ないですし、マーガリンの中でも高リノール酸でできたものにすれば、コレステロール対策になりえます。肉類を食べるときは、脂肪の多いロース肉やバラ肉などを避け、脂肪の少ないもも肉や鶏肉などを選ぶようにしましょう。

血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。飽和脂肪が多くなく、かつたんぱく質が豊富な食品に大豆があります。

献立を考える時に、豆腐やおから、厚揚げなどを使うといいでしょう。乳製品を食事に取り入れる場合には、低脂肪のものを選びましょう。乳製品はカルシウムやタンパク質のよい摂取源ですから、定期的に摂ったほうが良いでしょう。

コレステロールを下げたいならば、野菜や海草類を多く食べるといいでしょう。食材を選ぶ時の、参考にすると効果的でしょう。あんこを使った和菓子は、クリームたっぷりの洋菓子よりもコレステロールを抑えられます。

毎日の食事を工夫して、コレステロール値を下げるようにしましょう。