コレステロールを下げるような食品を食べる

毎日の食事の内容に問題があるために、コレステロールの値が高くなっている人がいます。コレステロールの上昇を抑制するような食事のメニューにすることが、健康増進のポイントであるといえます。

どんな食品を摂ればコレステロールを、上げにくくすることができるのでしょうか。血液中のコレステロールを意識する場合、コレステロールを含む食材を気にかけがちですが、実際はあまり影響はないとされています。

血液の中に存在しているコレステロールの九割は肝臓でつくられものであり、残り一割が、食事に含まれていたコレステロールだと言われています。

コレステロールを効果的に下げるには、食事でコレステロールを多く含んだ食品を避けるよりもコレステロールを、合成させにくい食品を増やすことがポイントになります。

食事内容に応じて、肝臓でできるコレステロールの値は違ってきます。どの程度の脂肪量を摂取したかが大事です。肝臓がコレステロールをつくる原因になる物質として、主に挙げられるものが、飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は、コレステロール量を増やしません。飽和脂肪をたくさん含む食品は脂身の多い肉や、チーズ、バター、チョコレート、ポテトチップスなどです。

不飽和脂肪の多い食品は、豆腐、ごま油、魚介類などです。食事を行う時には、飽和脂肪酸を多く含む食材はできるだけ使わずに、不飽和脂肪酸を含む食事を意識して行うようにすると、コレステロールにいいでしょう。

コレステロール量が体内でふえないように、コレステロールを下げるような食品を食べるていくといいでしょう。最初は難しいと思うので、食事の時にはコレステロールの合成を促す食品かどうかなど少しは意識する事から始めましょう。